CONTENT
HOME
会社概要
業務内容
検査業務
品質試験と証明
高吸水性タオルの試験
家庭用品品質表示法による表示
クレーム品の試験鑑定
ご協力
取扱品目
試験鑑定項目
子供服Q&A
事業所のご案内
情報公開
お問い合せ(メール)

業務内容


家庭用品品質表示法による表示

ご依頼により家庭用品品質表示に基づく繊維の組成、収縮率、寸法、取扱い絵表示などの確認検査を行うとともに表示業者となり表示ネームの作成も行っています。



家庭用品品質表示法とは…?

家庭用品品質表示法は、一般消費者が製品の品質を正しく認識し、その購入に際し不測の損失を被ることのないように、事業者に家庭用品の品質に関する表示を適正に行うよう要請し、一般消費者の利益の保護することを目的に、昭和37年に制定されました。

 本法が制定された当時は、表示に際しての具体的なルールが一般化されておらず、市場に不適正な品質表示の製品が横行し、消費者被害の発生する可能性が高い状況でしたが、その後、本法施行の効果もあり適正な品質表示が定着してきている状況です。

 家庭用品は、生活スタイル、ニーズの変化や技術革新等により様変わりしてきており、対象とする品目や表示を行う事項等については、こうしたことを踏まえ、必要に応じて見直しが行われています。



■取扱絵表示例■

洗い方
塩素漂白
の可否
アイロンの
かけ方
ドライ
クリーニング
絞り方
干し方


Copyright(c) 2002 Japan towel inspection foundation All rights reserved.